個人事業主のお客様

事業用に車を購入しようと考えております。新車購入と中古購入では経費で落とせる年月日が違うと聞きました。詳しく教えてください。

会計事務所のFP

相談内容の回答です。

車は、新車であれば通常乗用車であれば6年で経費処理いたします。

中古であれば、ほとんど2年で経費処理いたします。

中古でも、新古車ですと2年超の可能性もあるので登録年月日を見ての判断となります。

スポンサーリンク
お客様

年式によって異なるとなとかですが、何年落ちから2年で落とすなどありますか?

また、経費と何割経費でおとせますか?

月曜日〜土曜日は仕事です。

たまに日曜日も仕事のため月の殆どが仕事を行なっております。

それを踏まえて何割ほどなのか気になります。

会計事務所のFP

年式の件は、一言ではむずかしく計算式にあてはめた年数になります。

計算式は、

✅耐用年数の全部を経過している場合・・・2年(耐用年数×0.2)(最低2年)

✅耐用年数の一部を経過している場合・・・○○年(耐用年数-経過期間+経過期間×0.2)(最低2年)

となります。

耐用年数は、軽自動車4年、普通自動車6年とお考え下さい。

参考までに。

11か月経過の普通自動車・・・5年

1年11か月経過の普通自動車・・・4年

2年11か月経過の普通自動車・・・3年

3年11か月経過の普通自動車・・・2年

です。

何割かどうかは、使用頻度(事業として)によります。

ですので、購入予定の車を事業としてどの程度使用するかをもう少し詳しく

伺ってからでないと回答いたしかねます。

八百屋・・・配達の車毎日使用であれば(事業割合100%)

コンビニオーナー・・・自家用車で週に一回テイクアウト配達(事業割合10%)

となります。

お客様

月〜土は毎月仕事になっていて、日曜日もお客様の対応をする機会も月に1、2回はあります。

このようなことを考えると、10割は難しいにしろ9割は事業用にあたる頻度ではないかなと考えています。

会計事務所のFP

事業割合については、厳密にいうと通勤は入りません。

ですので、通勤以外の走行距離で事業割合を決めるということが税法となっております。

ただ、そうしますと税法通りにいけば2割程度しか経費とできない事業になると思います。

わたし個人の見解ですと、5割~7割は事業割合にしてもよいと思います。

事業割合を5割、7割、9割にする根拠を作ればいいということです。

税務署には、車の使用頻度は、通勤を除いて9割事業用です。

理由は、『セミナー参加、お客様訪問、○○、接待ゴルフ、接待飲食、接待○○』

ですよと言えればいいわけですから。

スポンサーリンク

保険を売らずにFPで稼ぐ方法はご存知ですか? 

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です